ギークなら知っておくべき子供の健康に気をつかうことの

こどもの健康で気を使っていらっしゃることといえばとにかく負傷ですね。

けがをしてもらうと結構大変なことになるので負傷だけには気を付けてある。

負傷といっても擦り傷などからありますが、多少の試合での怪我はこどもだから仕方ないとしていますが、自転車に股がるようになってからアクシデントはなかなか気を付けるようになりました。

アクシデントに関してですが相当車種通りの多い所にいるのですが、パーキングから出るという幹線路地です。

ですから車種の量が多くて耐えるんです。

車種の容積が断じてどんどん通りしていてこどもが自転車に乗って車道に出よう物質なら車種って接触する情景がたくさんあります。

一括接触トラブルを起こしたのですが親はひやひや物質でした。

そのときはかすりケガで済んだのですが、友達の中には次いで大けがをした輩がある。

そしたら学園の校庭で刃物を振り回してチャンバラごっこをすることがあるんですが、工作用の短刀を持っていって県内がくんになったときに尋常沙汰までに発展するようになりました。

原則警官沙汰にはならなかったんですが、ふとした刃物の切り傷ができてしまいケガがついてしまいました。

こどもの怪我は子供の時代にはぐっすり遊ぶので注意が必要です。

だからといって過保護になると外側で遊べないようになる。

ですから怪我には細心の注意を払っているんですが試合盛りのこどもには心から有益とを聞いてくれみたいになりみたいで本当に親のほうがひやひやですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です